京都の街で暮らしに寄り添う行政書士



遺言・相続・農地転用・建設業その他許認可

           

よくあるご質問


[Q]


電話・FAX・メールは原則無料とありますがどの程度までの話ができるのでしょうか?




[A]


どういった内容の相談をされたいのか、またどんな書類を作成してほしいのかを聞き取るまでにとどまります。内容によっては説明に時間を要するものもございますので、必ず対面にて業務内容を説明させていただいてから業務に着手させていただきます。ただし、遠方により直接お会いすることが困難な場合は個別対応させていただくこともあります。

[Q]


面談の初回無料とはどのくらいの時間でしょうか?




[A]


だいたい30分程度を考えておりますが、事案によっては30分を超える面談を行う可能性もございます。ただし、1時間を超えた場合は、そこから30分ごとに1,620円を頂戴いたしますので何卒ご了承ください。

[Q]


平日は時間がとれないので土日や夜間でも対応してもらえますか?




[A]


はい、可能です。しかし、当日に問い合わせがありましても対応できないことがございます。仮に土曜日に面談したいということでしたらその週の水曜日までにはご連絡をいただきたいと思います。また平日10:00〜18;00以外の営業時間外は、無料相談の適応除外としおり、料金は30分2,160円をいただいておりますのでご了承ください。

[Q]


家族に知られないようにしたいのですが…




[A]


もちろん、原則そのように対応いたします。携帯電話、メール等、ご本人のみと連絡を取る手段で対応させていただきます。万が一、家族に連絡をとる必要がある場合は事前に必ずご連絡させていただきます。

[Q]


他府県ですが来ていただけますか?




[A]


当事務所は、原則活動拠点を京都としております。他府県からの依頼を受けないわけ
ではありませんが、通常行政書士のみならず他の士業はその地域に根付いています
し、何よりその地域特有の事情にも長けていますのでまずは地元の士業へご相談され
た方がスムーズに解決することと思われます。それでも当事務所へということでした
事案に応じて対応させていただきます。

[Q]


相手方とトラブルになっているんですが示談交渉などはしてもらえるのでしょうか?




[A]


大変申し訳ないのですが、弁護士法により当事者間に既に紛争が発生している場合、又は将来発生する事が予見できる場合には当事務所ではお引き受けすることができません。裁判に直接関われないことから相手方と示談交渉することも代理人として訴訟を提起することもできません。このような場合でも弁護士や司法書士などの専門家へご紹介させていただくことはできますのでお気軽にご相談ください。その際の紹介料等はいただいておりません

[Q]


クレジットカードで支払いができると聞いたのですが?




[A]


はい、一部の支払いに対応しております。使えるクレジットカード(デビット不可)はVisaMaster・JCBになります。ただし、官公署などに納めるべき手数料など、そもそもクレジットカードでの支払いが認められていない部分は現金、又は銀行振り込みにてお願いしております。クレジットカードがお使いいただけるのは当事務所への報酬のみになります。なお、当事務所への報酬にはVisa・VJA・JCBギフトカード(利用可能額は1,000円・5,000円の2種類のみ)もご利用いただけます。