京都の街で暮らしに寄り添う行政書士


 

遺言・相続・農地転用・建設業その他許認可  

      

一般貨物自動車運送事業



一般貨物自動車運送事業とは?
 一般貨物自動車運送事業とは、他人の需要に応じて有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車を除く)使用して、貨物を運送する事業であって、特定貨物自動車運送事業以外のものを言います。[貨物自動車運送事業法2条第1項] つまりは、他人の求めに応じてトラックなどを使用し報酬を得て、運搬をすること指し、この一般貨物自動車運送事業を経営しようとする者は、国土交通大臣または地方運輸局長の許可が必要になります。
手続きの流れ

 京都で一般貨物自動車運送事業を始めるには、近畿運輸局京都運輸支局へ書類を提出することになるのですが、中身に関しての審査は、大阪になる近畿運輸局自動車交通部貨物課がすることになっていますので、書類に不備があった場合は大阪まで修正しに行かなければならない可能性がありますので、注意してください。また、たとえ書類に問題がなくても提出後に行われる法令試験に合格しなければ許可を取得することはできません。この試験には2回落ちてしまうと、申請が取り下げられてしまうので気を付けてください。

【申請の流れ】

受付窓口へ申請書類を提出
   ↓
法令試験日の通知※開催日は奇数月
   ↓
近畿運輸局による審査
   ↓
補正等 ※試験後
   ↓
法令試験
   ↓
法令試験に合格していれば許可取得
   ↓
運輸開始前届の提出
   ↓
運輸開始届の提出


※標準処理期間は約3〜4ヶ月程度


標準処理期間が長く設定されていますが、これは法令試験のタイミングで(申請日によって異なる)人によって審査される期間がバラバラだからです。したがって実際にはこれよりも長い時間がかかる可能性もあります。


許可の要件

許可の要件には、大きく5つあります。

@資金
A人の要件
B場所
C車両
D法令試験

【@資金】

建設業などをご存じの方なら、ピンとくるかもしれませんが一般貨物自動車運送事業では明確な金額が定められておりません。具体的には申請書の「事業の開始に要する資金及び調達方法」から算出した金額になりますので、人によって必要な金額が違います。
必要な費用には、人件費、燃料費、油脂費、修繕費、車両費、施設費、保険料、登録免許税など多岐にわたりますが、通常車両費なしで約800万円〜1,000万円ほど必要になります。
この資金は申請時から許可までの間、金融機関の発行する残高証明書により、常時確保できていることを証明します。通常2回ほど日付を指定して提出を求められるので、安易に使うことができないので注意が必要です。


【A人の要件】

人の要件には下記になります。

  1. 申請者が欠格事項に該当していない
  2. 運転者を車両の台数分確保又は予定 ※申請時では雇用している必要ない
  3. 運行管理者を確保または確保予定 ※車両29台まで1人、以後30台増えるごとに1人必要
  4. 整備管理者を確保または確保予定

ー運行管理者とはー
自動車運送事業者は、利用者や社会の信頼にこたえるため、安全で確実な運送を行う義務があります。そのため自動車運送事業者は、安全運行に必要なドライバーの勤務時間を設定し、運行管理のための指揮命令系統を明確にしなければなりません。こうした重要な役割を担っているため自動車運送事業の種別に応じ、旅客、または貨物の「運行管理者資格者証」の交付を受ける必要があります。取得の方法としては2つあり、1つは同じ種類の運行管理者試験に合格することと、もう1つは運行管理に関して1年以上の実務経験を有しているか基礎講習を修了していることです。

ー整備管理者ー
運行管理者と同様に、資格の取得には2つの方法があり、一級・二級・三級自動車整備士のいづれかの有資格者であるか、または整備を行おうとする自動車と同種の自動車の整備または整備の管理に関して2年以上の実務経験を有し、地方運輸局長が行う研修を修了した場合です。実務経験は働いていた会社などから照明を受ける必要がございます。


【B場所の要件】

一般貨物自動車運送事業をするためには、営業所、休憩施設または睡眠施設、車庫が必要になります。

ー営業所ー
営業所とは営業の拠点であり、会社の登記場所とは関係がない。原則的に、車庫に併設だが、京都では直線距離で5kmから10km以内なら認められるケースがある。※関東では20kmくらいまである地域がある。
そして、営業所を考える上で一番大事なことは用途地域である。営業所として使うためには最低でも市街化調整区域と住居専用地域ではない場所をえらばなければなりません(第二種中高層住居専用地域については一定の要件あり)。これをクリアできなければ、他の要件を満たしていてもすべて無駄になってしまうので要確認しください。
その他は、事務機器や什器備品類を備えられる程度の広さと使用権原(賃貸借の場合は契約期間が1年以上で自動更新が必要)が必要になります。
もちろん、農地法や建築基準法、消防法等に抵触しないようにしなければなりません。

ー休憩施設・睡眠施設ー
休憩施設は必ず必要になりますが、睡眠施設は必ず設けなければならない施設ではありません。その要件とは、運転者が自宅で8時間以上の休息がとれない運行が予想される場合は、運転者一人当たりに2.5u以上確保しなければなりません。原則営業所に併設していなければなりませんが、営業所と休憩・睡眠施設はパーテーションやカーテン等で明確に区切れば一つの部屋でも問題ありません。ただし、兼用住宅などの場合は居住部分と事業所部分が明確に分かれている必要があります。

ー車庫ー
車庫については、営業所ほど厳しい用途地域による制限はなく無蓋(屋根がない)であれば市街化調整区域でも車庫として利用することが可能です。車庫は原則営業所に併設ですが、京都では5kmから10km以内であれば認められていますが、これには注意点がございます。車庫と営業所が離れている場合は、車庫から営業所への移動に事業用自動車(トラックやダンプ)が使用できませんので、自家用車で移動しなければなりませんのでご注意ください。
また、車庫の前面道路については、国道以外は原則幅員証明書により、車両制限令に適合させる必要がございます。
次に、車庫の広さですが実際に使用する車両によっ必要面積が変わりますが、車両と車庫の境界及び車両相互間の間隔が50cm以上確保されており、かつ、計画車両台数分を収容でき面積となります。


【C車両の要件】

最低車両台数は5台で、営業所ごとに必要になります。ただし、すべてダンプやトラックなどのような大型車両ではなく事業用車両として5台あればよいので、バンのような4ナンバーでも認められています。ただし、軽自動車は認められておりませんのでご注意ください。
申請時点では車検証上の所有者や使用者である必要はありませんが、有効な使用権原が必ず必要になります。具体例としては、許可後に所有権や使用権が移転する契約書や仮売買契約書、リース契約書などになります。その他許可後区力が発生する旨の条件の記載のある使用承諾書でも可能です。使用料金はあってもなくても問題ありません。


【D法令試験】


これがある意味一番の難題かもしれませんが、申請後に奇数月に行われる法令試験の案内があります。試験時間は50分で、参考資料の持ち込みはできませんが、単に関係法令の条文が記載された条文集は配布されます。受験者は、個人であれば個人事業主、法人であれば常勤役員の1人でかまいません。
この試験は申請後2回まで受験資格がございますが、万が一2回とも合格できなかった場合は、書類に不備がなくても申請の取り下げとなっていましますので、ぜひ頑張っていただきたいです!




以上の要件をすべてクリアすることで、許可基準を満たすことになります。
ただし、実際には多少の補正が付きまといますのでその都度適切に対応していく必要がございます。担当者によっては「なんでこんなこと聞くの?」という場合もありますが、審査を進めていただくためにグッと堪えましょう。たまに喧嘩される方がいますが、許可が延びるだけなので得策とは言えません。




ご注意ください!
令和元年11月1日より、トラック運送業の健全な発達にむけた制度改正が施行されました。

改正の概要と下記リンクをご覧ください。

    ↓

令和元年11月1日施行 公示基準



この改正で注目すべきは、資金に関する要件が厳しくなったということです。
もちろん、その他もより厳格になった部分もありますが、資金に関しては新規で許可を取得したいと考える事業者からすると、実際に用意できるかというのが問題となり、大変厳しいものとなります。

ザックリ申し上げますと…


資金に関しては、申請時において確保しておく必要がございますので、自己資金に不安のある方は融資の相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。








●お問い合わせ●

京都
行政書士
 山本貴史事務所24時間受付 
※メールでのお問い合わせの場合は必ずお名前・住所・連絡先・相談内容を明記してください

営業時間 平日
10:00〜18:00

TEL&FAX
075(204)7511
※TEL は営業時間内のみ、FAXは24時間可

休業日 
 土日祭日
※予約による面談は可