京都の行政書士・行政書士山本貴史事務所

の事務所スタイル

お悩み解決のために丁寧に寄り添ってまいります

相続手続きや遺言書、農地転用や許認可申請について、京都で地域密着の活動を続けており、これまでにあらゆるお悩みを解消するため真心を込めてお手伝いしてまいりました。画一的に机上の論理だけで対応するのではなく、ご相談者様一人ひとりが置かれている特有のご事情や関連する状況について理解を深めつつ、感情移入をしながらご相談をお伺いいたします。

「丁寧に聞いてもらえる」「押しつけがましくない」など、口コミで高評価を頂戴しております。今後も行政書士サービスの品質向上を目指して努力を傾けてまいります。

遺言書の作成でお悩みならぜひ一度お気軽にご相談ください

遺言書と聞きますと「財産をたくさん持っている人が作成するもの」というイメージがあるかもしれませんが、子供の認知や後見人の指定、相続人の廃除や取り消しなどの身分について、また法的効果のない心情についても書くこともでき、最終意思表示として残す方も多くおられます。一番多いのは財産の分割に関するもので、遺言書は後に生じかねない様々なトラブルを避けるために有効な対策となります。

遺言書がない場合には、相続人全員の意思を確認するために遺産分割協議を行うことになりますが、それぞれの希望や主張が行き違ってなかなか話がまとまらないという可能性があります。また、土地や家といった不動産をはじめ公平に分割しにくい財産の場合には争いに発展することも考えられます。書き方によってトラブルが発生することがないように、遺言書を作成する必要性から種類の選択、内容まで丁寧にサポートいたします。

正確な遺産分割協議書を作成しトラブル防止をお手伝いします

遺産分割協議書は、財産を「誰が」「どれだけ」「どのように」相続するかという点を相続人全員で協議し、合意した内容を記した書類のことを指します。相続人全員が近くにいる場合には実際に集まって話し合いますが、遠方に散らばっているケースでは一通の遺産分割協議書案を作成し、ほかの相続人に内容を確認してもらった上でそれぞれが実印を押すという方法が一般的です。

遺産分割協議書を作成しなくても罰則はなく、専門家に依頼せずに当事者のみで作成することも可能ですが、1人も欠けることなく全員が参加すること、実印であること、登記簿どおりの表記であることなど様々な注意点が存在します。また、遺言書がない場合に名義変更を行うためには遺産分割協議書がなければ手続きが進まないというケースもあります。正確で信頼性の高い遺産分割協議書を作成するために、経験豊富な行政書士として丁寧にお手伝いいたします。

実績ある行政書士として京都で農地転用をサポートします

「農地を相続したものの農家として生計を立てる計画がなく、活用できずに困っている」というケースがよくあります。そのような場合には不動産を有効に活用するために農地転用を申請するのが効果的ですが、添付書類として計画書や見積書、賃貸借や売買の場合には契約書などが求められるほか、農地転用の確実性や周辺農地への被害を抑える処置の妥当性などを審査する「一般基準」、農地を様々な条件により区分し、その区分に応じて許可の可否を判断する「立地基準」を満たす必要もあります。

意見書が求められたり、準備しなければならない書類が多かったりと、スムーズに許可を取得するのは難しいと言われています。京都に根ざして信頼と実績を重ねてきた行政書士としての経験とノウハウを活かし、農地転用や開発許可など不動産に関連したご相談や手続き代行のご依頼にも素早く、的確に対応してまいります。