運送業の車庫して使える条件とは?

query_builder 2023/12/21
ブログ
22217419_s

運送業として、事業をお考えの方ならトラックなどを保管する車庫は気になるところです。なぜなら、そもそも保管できるところがなければ、他の要件が全て揃っていたとしても、意味がありません。そんな運送業の車庫ですが、どのような要件が必要なのか、また選ぶべきポイントは何なのかをご説明します。

車庫の要件とは

車庫の要件は大きく3つ

まず、一番基本となる車庫の要件とは何なのか?重要なのは、大きく3つあります。

1つは、車庫の場所です。望ましくは市街化調整区域ですが、車庫は基本的に屋根がなければ、用途地域などに縛られずに、使用することが出来ます。屋根がある場合は、都市計画法による用途地域の制限を受けますが、通常運送業として利用できる車庫として貸し出している場所は、屋根がない場合がほとんどなので、基本はどこでも構いません。ただし、後述する前面道路の関係で調整区域の方がいい場合がございます。


2つめは、営業所との距離です。多少の地域差はありますが、運送業の車庫は、だいたい営業所から車庫までの直線距離を5kmまたは10km以内としている場合が多いです。一部関東では20kmとしている場所があるようですが、基本は、5~10km以内です。この、5kmなのか10kmなのかは、都市部に近いほど車庫までの距離が遠くてもよい傾向にあるようですが、近畿運輸局では、告示として提示していますので、下記を参照ください。

https://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/content/000262694.pdf


3つ目は、車庫の前面道路です。おそらく車庫を選定する中で、最も探すのが難しい要件です。この車庫の前面道路は、単に使用する車両が通行できれば良いというわけではなく、車両制限令という法令に、必要な幅が記載されています。

詳しくは次になります。


<市街化地域>

使用する車両の幅×2+150㎝

※路肩50㎝+車両幅+車両の間隔+車両幅+路肩50㎝


<調整区域>

使用する車両の幅×2+100㎝

※路肩50㎝+車両幅+車両幅+路肩50㎝


上記の計算で、例えば10tトラック幅2.50mを使用したい場合は、市街化区域では、6.5m必要ですが、調整区域ですと6.0mとなります。なぜ、調整区域は市街化区域より狭くても良いかと言えば、調整区域は交通量や人の往来が少ないため、この道路幅が若干緩和されております。

要件を満たしていない場合は?

車庫の場所については、屋根がない限り特に制限がございませんが、直線距離については、そもそも要件を見たいしていない場合は、認められません。また、前面道路についても車両制限令の要件を満たしていなければ、認められません…

と言いたいところですが、この道路幅については、一定の基準が車両制限令で求められているのですが、実際のところ、道路の使用方法については、その道路を管轄する自治体などに判断を委ねているようです。例えば、6.5m必要な道路幅が、実際には6.2mしかなかった場合に、その道路を管轄する自治体などが、通行上問題ないと判断すれば、基準以下の道幅でも、許可が下りることがあります。また、この道路幅ですが、実測ではなく、道路を管轄する自治体などが発行している、道路幅員証明によって証明します。したがって、実際に現場で6.5m以上あるからといって、安心してはいけません。公的証明書として基本は道路幅員証明書で道路幅を証明します。ただし、この道路幅員証明書は、自治体によっては、発行をしていないところもありますので、その場合は、実測とスケールなどで計測している写真などを使って証明します。

注意点

車庫を選ぶ場合に、大きく3つの要件があるとお伝えしましたが、もう一つ考えなければいけないのが、面積です。当然車両が保管できるスペースを使用するのだから、大丈夫と侮ってはいけません。まず基本となる面積の計算方法ですが、車両同士の間隔を50㎝ずつ空けて、かつ敷地境界線からも50㎝間隔を空けなければなりません。これは、日常点検において、十分なスペースを確保するのと車両同士がぶつからないようにするための配慮です。したがって、使う車両によって必要な面積が違うのですが、10tトラックを5台用意するのと、バンを5台用意するのでは、当然バンの方が面積が小さく済むので、車庫を用意しやすくはなるのですが、問題は許可を取得した後です。当然、事業をするうえで、輸送する荷物によって車両を変更(または増車)する場合や、物理的に歯医者になり、新たに別の車両と入れ替えるということもあるかと思います。この時、最低限の車庫スペースしかなければ、入れ替える車両が大きい場合、又は増車したいときに対応できなくなってしまい、輸送チャンスを逃す可能性もございます。もちろん、許可後でも車庫を増やすことはできるのですが、車庫の増設は、事業計画認可申請という手続きを経なければならず、認可が下りるまで、約1ヶ月~1ヶ月半程度かかりますので、それまでは、現状維持となります。こうならないためにも、最初の許可を取る段階で、余裕のある車庫スペースを確保しておくことが重要です。




判断に迷ったときは、相談を

悩まれる場合は、自分で勝手に答えを出さずに、運輸局に問い合わせるか、信頼できる行政書士へご相談ください。当事務所は、多くの運送業の許可から認可申請、または車両の増減車にともなう出張封印など、運送事業者様に寄り添った事業を心がけております。

お困りの差異は、ぜひ一度ご相談ください。


・一般貨物の許可取得まで 許可証の発行までで、その後のナンバー取り付けなどの手続きはご自身でされる場合    

  440,000万円(税込)+実費


・一般貨物の許可取得まで 許可証の発行までで、その後のナンバー取り付けなどの手続きはご自身でされる場合       440,000万円(税込)+実費


・フルサポート対応 申請後の法令試験対策、初回巡回指導対策、許可後の開始届から緑ナンバー取り付けの出張封印までフルサポート      

 660,000万円(税込)+実費


もちろん、必要なサポートのみを選んでいただいても大丈夫です。

※上記以外に、申請手数料12万円が別途必要となります。

NEW

  • 貨物利用運送業の許可を取得するためには? 京都/大阪/滋賀/兵庫/奈良/ 対応

    query_builder 2024/01/24
  • レンタカー事業(自家用自動車有償貸渡業)の許可を取得するためには? 京都/大阪/滋賀/兵庫/奈良/ 対応

    query_builder 2024/01/23
  • 中古車販売で、ディーランバー(回送運行許可)を取得するには? 京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫対応

    query_builder 2024/01/12
  • 運送業で車庫や営業所を増やすには? 京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫対応

    query_builder 2024/01/10
  • 運送業で車両を増車・減車するには? 京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫対応

    query_builder 2024/01/07

CATEGORY

ARCHIVE